お客様の生産戦略に応じた開発提案を実践しています


より高品質な製品を作り出す新規設備の開発提案や、生産ラインの効率化を実現する設備の改善に対しても当社の卓越した

エンジニアリングノウハウが発揮されています。

お客様のニーズの変化に的確に対応し、積極的な提案とテクニカルサポートによって高い評価と信頼をいただいています。

高級薄板で国内トップシェアを誇る日新製鋼(株)

当社は、その生産拠点[呉・阪神]で主要生産ラインを任されています。


事業案内

営業種目

1.鋼片疵取作業
2.製鋼、圧延に関する付帯作業
3.土木建築設計、施行、工事管理
4.ステンレスパイプ精整、梱包作業
5.機械設計、製作、据付、補修、保全作業
6.製罐に関する事業
7.警備業
8.労働者派遣事業
9.保険代理業

建設業許可

許可番号国土交通大臣許可(般-24)第11359号
許可業種建設、屋根、タイル・れんが・ブロック、鋼構造物、内装仕上、管、機械器具設置工事業

呉支店(日新製鋼㈱ 呉製鉄所内)

【日新製鋼㈱ 呉製鉄所】

高炉 
上部から原料の鉄鉱石やコークスを装入し、下部から約1,200℃の熱風を吹き込み鉄鉱石を還元・溶解させ、銑鉄を作ります。

溶銑

溶銑の上に層をなすスラグ(鉄鉱石の中に含まれる脈石という無用な岩石と石灰石とを化合させてできたもの)は、建設材料や地盤改良材などの用途に活用されています。

転炉
高炉から運ばれた銑鉄は転炉で精錬されます。 銑鉄に石灰を入れてから純酸素を吹き込み、不要な炭素、珪素、マンガンなどを取り除き、仕上げに成分調整や酸素除去のために少量のフェロマンガン、フェロシリコン、アルミニウムなどを加えます。

脱ガス設備
真空の容器に溶鋼を入れ、不活性ガスで攪拌しながら、好ましくない酸素、水素などの成分をガスとして抜きます。

連続鋳造設備 
出来上がった溶鋼は、タンディッシュと呼ばれる溶鋼容器を経由し、モールドと呼ばれる鋳型に注がれます。 その鋳型を冷却し、中で固まってきた鋼を鋳型の底から帯のように連続的に引き出します。 こうして固まった帯状の鋼片はガストーチで所定の長さに切り分けられ、スラブと呼ばれる半製品になります。

熱間仕上圧延機 
加熱炉で熱したスラブを圧延機(上下のロールに挟んで押し伸ばす機械)にかけ、目的の厚みの鉄板にします。

ホットコイル
薄く延ばした鉄板(ホットコイル)をロール状に巻き取ります。

佐々木工業の従事作業Ⅰ

RH脱ガス設備

脱ガス設備

真空の容器に溶鋼を入れ、不活性ガスで攪拌しながら、好ましくない酸素、水素などの成分をガスとして抜きます。

脱ガス設備

溶鋼鍋受け入れの様子です。 

佐々木工業の従事作業Ⅱ

連続鋳造設備

連続鋳造設備

出来上がった溶鋼は、タンディッシュと呼ばれる溶鋼容器を経由し、モールドと呼ばれる鋳型に注がれます。 その鋳型を冷却し、中で固まってきた鋼を鋳型の底から帯のように連続的に引き出します。 こうして固まった帯状の鋼片はガストーチで所定の長さに切り分けられ、スラブと呼ばれる半製品になります。

①タンデッシュ整備作業

タンデッシュ整備作業

自社の耐火物解体機、耐火物吹付機を用いてタンディッシュと呼ばれる溶鋼容器の内側に耐火物を施します。 また、それに付随する装置の解体、補修、取付などを行います。

■作業の様子

タンデッシュ整備作業


タンディッシュ整備作業


②スラブ物流管理

スラブ物流管理

連鋳スラブの管理、及び天井クレーンを用いてのスラブ運搬と物流に関する一連の調整・管理作業です。


■作業の様子

スラブ物流管理

スラブに固有番号を記し管理します。

スラブ物流管理

天井クレーンを操作しスラブを運搬します。

スラブ物流管理
スラブ物流管理

物流に関する一連の調整・管理を行います。

③スラブ疵取作業(溶削)

スラブ疵取作業(溶削)

自社の全面溶削設備を用いてスラブ表面の疵をガスで溶かして除去します。 この疵取作業の精度が、呉製鉄所での最終製品(ホットコイル)の仕上がりに大きく影響します。

④スラブ疵取作業(研削)

スラブ疵取作業(研削)

自社の特殊鋼研削設備を用いてスラブ表面の疵をグラインダー(砥石)で削り取ります。 この疵取作業の精度が、呉製鉄所での最終製品(ホットコイル)の仕上がりに大きく影響します。

佐々木工業の従事作業Ⅲ

熱間仕上圧延機

熱間仕上圧延機

加熱炉で熱したスラブを圧延機(上下のロールに挟んで押し伸ばす機械)にかけ、目的の厚みの鉄板にします。

熱間仕上圧延機

チョック・ベアリングの分解、洗浄、整備を行います。

熱間仕上圧延機

熱延ロールの旋削、研磨を行います。

熱間仕上圧延機

熱延ロールのチョック脱着と給脂を行います。

阪神支店(日新製鋼㈱ 堺製造所内)

【日新製鋼㈱ 堺製造所】

ホットコイル
呉製鉄所から、海路で運ばれてきたコイル状の鉄板です

連続酸洗
熱延コイルは仕上げの熱間で表面にスケールが形成されます。

このスケール層の除去を目的に塩酸酸洗槽の前にスケールブレーカー、メカデスケーラーにてスケール層に亀裂を与え、 塩酸による連続酸洗を行って表面に付着した不純物を除去し表面肌を綺麗にします。

冷間圧延
[コールド・タンデム・ミル]
酸洗された板を冷間圧延加工(4TM)します。冷間圧延により厚さ精度及び平坦度が熱延鋼板より優れた薄鋼板になり、 しかも美麗、平滑な表面になります。

堺作業所の4TMの場合、入側鉄厚は1.8mm~5.0mm、出側は0.2mm~2.6mm程度まで圧延されます。

[センジミア・ミル] 特殊鋼の主な用途として自動車のギア類、刃物等があります。

連続焼鈍
冷間圧延加工を受けた鋼板は非常に硬く、折り曲げ、深絞りなどの加工性が悪い為、機械的性質を改善し、 加工性を付与する為に用途に応じた焼鈍(焼きなまし)を連続的に行います。

焼鈍
圧延後の硬い鋼板を600℃以上の高温に加熱して軟らかく加工しやすい鋼板に変えることで連続焼鈍とは違い、コイル状の鋼板のまま行います。

連続融解メッキ
冷延された鋼板の表面にZ、ALメッキを付着させ鋼板に美観を与えると同時に腐食や汚染から保護し、 長時間その性能を維持する製品を作りこんでいます。 素材と用途に応じて様々なメッキ加工が行われます。

連続電気メッキ
メッキ溶液の中に鋼板を入れ、電流を流す事で鋼板の表面に溶液中の 金属を折出させ薄い皮膜を施す工程です。

連続塗装
メッキ加工された鋼板に塗装する事でさらに耐食性、耐候性を高めた 製品を作り上げています。

みがき帯鋼圧延
精密機械をはじめ、多くの分野に使われる「みがき特殊帯鋼」をみがき帯鋼圧延機にて生産しています。 生産された製品は品質や精度の高さ、加工性の良いものが出来ます。

表面処理製品
各種用途に応じて表面処理を施された製品を表面処理製品と呼びます。

佐々木工業従事作業Ⅰ

連続酸洗

連続酸洗

熱延コイルは仕上げの熱間で表面にスケールが形成されます。
このスケール層の除去を目的に塩酸酸洗槽の前にスケールブレーカー、メカデスケーラーにてスケール層に亀裂を与え、 塩酸による連続酸洗を行って表面に付着した不純物を除去し表面肌を綺麗にします。

HRP運転作業

HRP運転作業

連続酸洗設備にて使用された塩酸を回収、精製し回収酸として再生を行う設備です。

佐々木工業従事作業Ⅱ

コールド・タンデム・ミル

コールド・タンデム・ミル

酸洗された板を冷間圧延加工(4TM)します。冷間圧延により厚さ精度及び平坦度が熱延鋼板より優れた薄鋼板になり、 しかも美麗、平滑な表面になります。
堺作業所の4TMの場合、入側鉄厚は1.8mm~5.0mm、出側は0.2mm~2.6mm程度まで圧延されます。

ロール整備作業

ロール整備作業

堺製造所内にある圧延機(4TM)及び調質ミル(SKP)で使用される各種ロール(WP,IMR,BUR)の軸箱整備、ダル加工、 軸箱に使用されるベアリングの分洗作業と使用可能になったロールの各ミルへ供給作業を行っています。

阪神支店(日新製鋼ステンレス鋼管㈱ 尼崎工場内)

【日新製鋼ステンレス鋼管㈱ 尼崎工場】

ホットコイル・ コールドコイル

ホットコイル・
コールドコイル

周南製鋼所から、海路で運ばれてきたコイル状のステンレス鋼板です。

造管

造管


ステンレス鋼板を管状に連続形成・溶接してステンレスパイプを造ります。

精整

精整


前工程で造ったステンレスパイプを矯正・切断・面取し、所定の品質に仕上げます。

酸洗

酸洗

検査

検査

製品

製品


完成したパイプを梱包し、市場に出荷します。 

尼崎作業所の作業風景

ホットコイル・コールドコイル

ホットコイル・コールドコイル

造管

造管

精整

精整

発送作業

発送作業

発送作業

発送作業

製品

製品

事業所紹介

呉支店

呉支店遠景
鋼片を搬送

日新製鋼㈱呉製鉄所内において、コークス・鉄鉱石から鋼板コイルを製造する各工程の中で、 自社の各種設備を用い溶鋼容器の補修、鋼片の表面疵の除去・物流工程管理、 天井クレーンの運転、圧延ロールの分解整備等の広範囲に亘る作業を行っています。
又、自社設備のメンテナンスも行っています。 

中央の写真は、天井クレーンで鋼片を搬送している様子です。

阪神支店

阪神支店
阪神支店

日新製鋼㈱堺製造所・尼崎製造所・大阪製造所内において、冷延鋼板の品質検査、冷間圧延ロールの研磨・組替、各種設備の保全作業、製造所内の保安業務、 ステンレスパイプの造管・研磨・梱包作業、帯鋼から切板を生産するラインの運転、帯鋼を連続してボビンに巻き取るラインの運転などを行っています。